ホーム > CFA JAPAN オフィシャルウェブサイト ニュース - キャットショー:アワード、ショールール等 > 2011年04月 > 2011/04/03

 
2011-2012ショールールのオープン猫審査改訂部分要約
2011/04/03(Sun)
【1】ベンチドチャンピオン,ベンチドプレミアの定義:チャンピオン,プレミアとして1リング以上で審査されたチャンピオンとオープン,プレミアとオープンの猫,ショーの2日目にグランドにトランスファーされる猫を含む.

【2】オープン猫はどう審査されるか: オープン猫はショーカタログにはオープンとして書かれるが,ジャッジブックにはチャンピオンとして書かれる.審査においては,オープンはチャンピオンのサブセット(一部)として取り扱われる.オープンとチャンピオンはジャッジブックには一括チャンピオンとして,年齢の若い順に記載される.この並びにするのはエントリークラークの責務である.

これまでのように,同一カラークラスの同一性別の猫の1頭にしかウィナースリボンがつかない,ということがなくなる.失格,保留にならなければ,何頭でもオープン猫がクォリファイリングを獲得したことになる.

チャンピオンシップ,プレミアシップのオールブリード,スペシャリティー,あるいはブリードスペシャリティーのいずれのタイプのリングでもよい.失格や保留にならないかぎり,クォリファイリングを獲得したとみなす.チャンピオン,プレミアのタイトルを得るためには,これまでのウィナースリ本同様,日本では4人以上のジャッジの6リング以上のクォリファイリングを獲得しなくてはならない.

オープン猫がチャンピオン,プレミアになるためには,クォリファイリングを6リングを獲得して,所定の料金とともに確認手続き(郵送,マスタークラークに提出,CFAWebサイトによる申請)を行う必要がある.

前期までに蓄積したウィナースリボンがあれば,同じクォリファイリングとしてカウントされる.

サンデートランスファーの手続きは今までとおなじように行う.初日のショーがおわるまでに手続きが必要.

【3】グランドになるためには: オープンの時からグランドポイントを蓄積できる(チャンピオンとして競技するため).ただし,チャンピオンシップで200グランドポイント,プレミアシップで75グランドポイントを獲得しても,オープンはチャンピオン,プレミアの要件を満たさない限り,グランドにはなれない.(例,オープンで5リングでグランドポイントを200点獲得した場合,クォリファイリングをもうひとつ獲得しなくてはならない.)

もし条件を満たしていれば,オープンからグランドへのサンデートランスファーは可能.

【4】ウィナースリボンが残るのは: ウィナースリボンはインターナショナルディビジョンのノービスクラス(CFAナンバーなしのオトナの猫)にのみ残る.




- Tor News v1.43 -