ホーム > CFA JAPAN オフィシャルウェブサイト ニュース > 2020年07月

 
ショースケジュールの申請について - 2020/07/02(Thu)
CFAジャパンリジョン クラブ各位

キャットショーのパーミッションやショースケジュールの申請については新しくジャパンリジョンのディレクターに就任された早田ディレクターと、新しくショースケジューラーになられた谷口久美子さんにお問い合わせください。
詳しくは下記アドレスをご覧ください。
https://cfajapan.org/5_catclub_showschedule.html

ショーの開催におきましては政府の要請を踏まえ、会場の定員の50%の人数をお守りください。猫のリミットに関しても人数に準じた数で公示してくださるようお願いいたします。また感染防止には細心の注意を払ってください。

CFAジャパン前ディレクター 小泉かよ子
CFAジャパン現ディレクター 早田由貴子
 
2019-2020CFAジャパンアワードカタログ広告締め切り延長のお知らせ - 2020/07/03(Fri)
先日お知らせさせていただいたアワードカタログの広告締め切りは本日を予定しておりましたが、延長いたします。
受賞猫ちゃんのお写真だけでなく受賞に至るまでのエピソードなど、記念として是非ご掲載ください。
またキャッテリー、クラブ、お店の広告もお待ちしております。

版下作成依頼:7/9(木)
完全版下:7/15(水)
※締切厳守

新たにお申し込みいただける方は高瀬(takase@cfajapan.org)までご連絡いただき、島田(ad@cfajapan.org)にデータで版下をお送りいただくか、作成のお申し込みをお願いいたします。

・入賞猫掲載及びキャッテリー広告
 フルカラー 1ページ 15,000円(前年度20,000円)
 白黒 1ページ 8,000円(前年度10,000円)

・クラブ広告
 フルカラー 1ページ 15,000円(前年度20,000円)
 白黒 1ページ 7,000円

・業者
 フルカラー 1ページ 15,000円(前年度20,000円)
 白黒 1ページ 10,000円

・版下(完全原稿)のご用意がない場合には上記の広告料に加えて下記の版下作成料がかかります。
※作成に長時間を要す複雑なデザインはお受けできません。お知り合いに依頼されるか、下記担当者まで個人的にご相談ください。
 フルカラー 1ページ 5,000円
 白黒 1ページ 2,000円
(写真3点まで、データはできるだけ大きいサイズ(解像度)のものをお送りください。掲載する文章やデザインイメージをお知らせください。)

【版下をご自分でご用意される場合の注意点】
 A4サイズ、画像の推奨解像度300dpi以上。PDFまたはJPEGデータをご用意ください。
 断ち切り(端まで画像や背景などがあるデザイン)がある場合は216mmX303mmで作成してください。

■広告締め切り(作成依頼及び提出を含む全ての締め切り)
版下作成依頼:7/9(木)
完全版下:7/15(水)
※締切厳守

■広告原稿送付先・広告版下作成依頼先
 島田有紀子
 ad@cfajapan.org
※メールは2日以内に必ず返信いたします。返信がない場合は再度ご連絡ください。
 
BAOSのオンライン開催について - 2020/07/18(Sat)
毎年ナショナルショーの時に開催されているBAOSを今年はzoomによるオンラインで開催されます。オンラインのためハンドリング・セッションは無い様です。詳細はフライヤーをご覧ください。

https://cfa.org/wp-content/uploads/2020/07/BAOS-October2020.pdf
 
2019-2020 CFAジャパンリジョンアワードカタログ、ロゼット、盾、証書のお届けについて - 2020/07/20(Mon)
皆様にお申し込みいただいた2019-2020アワードカタログ、ロゼット、盾、証書のお届けにつきましてお知らせいたします。
お申し込みをいただいた方々への発送は8月中を予定しております。新型コロナウイルスの影響により、皆様のお手元にお届けするのが遅れる可能性があることをお許しください。

無料送付の対象になった全ての方にお届けしたいと思っているのですが、まだお届け先をお知らせいただいていない方がいらっしゃいます。至急下記連絡先までお申込書をご提出ください。盾やロゼットの追加、カタログ広告は既に締め切っております。

・2019-2020 CFA ジャパンリジョナルアワード送付申込み用紙
https://cfajapan.org/3_award/2019-2020/awardapplication2020.pdf

申込先 高瀬郁代 takase@cfajapan.org

CFAジャパンリジョン
 
動物愛護法の改正案について - 2020/07/22(Wed)
報道でご存知の方も多いと思いますが、現在、来年施行予定の動物愛護法の改正案に以下の内容を盛り込むべく議論されています。CFAに限らず全てのブリーダーに大きく関わってくる内容です。
つきましては、皆さまからのご意見を伺い他団体とも連携を取りながら関係各所に働き掛けて行きたいと思っておりますので、ご意見をメールにてお寄せ下さい。

CFA JAPAN ディレクター
早田 由貴子

メール宛先
CFA JAPAN セクレタリー 土屋
nc-cats@noblechaton.com

改正内容
従業員1人あたりの上限飼育数は、繁殖業者では繁殖用の犬15匹、猫25匹。ペットショップでは犬20匹、猫30匹。
犬の飼育施設の広さは、たとえば体長30センチの小型犬2匹を入れる場合の平飼い用ケージは、1. 62平方メートル以上。寝床に入れっぱなしで飼育する場合は、床面積を体長の2倍×1.5倍以上、高さは体高の2倍以上とし、運動スペースに1日3時間以上出すことを義務化。
猫の飼育施設は、広さに関する計算式を規定したのに加え、平飼い用ケージでは猫が乗れる棚を2段以上設置した構造にする。
繁殖については、犬猫ともに交配できるのは6歳まで。(例外的に7歳まで認める場合もある)
悪徳な繁殖業者に対しては厳しい罰則はしなければなりませんが以上のことや細かい規定
は線引きが難しく認めるわけにはいかないのできちんとした優良繁殖者の意見を交えて今後話し合いをし反対署名運動をTICAと共に行いたい意向です。


- Tor News v1.43 -