CFA JAPAN : キャットショー、リジョナルウィナーギャラリー、ジャッジ・クラークリスト等

CFA Japan HOME
CFAとCFAジャパンについて ビギナー向けコーナー キャットショー・アワード・ショー見学等 繁殖者のための情報 クラブ役員向け情報 このサイトについて、サイトマップ オフィシャル、ブリーダー、スポンサーリンク
CFAジャパン
CFAジャパン
CFAジャパン

HOME >> CAT SHOW >> ショー見学のマナー

ショー見学のマナー
キャットショーは、誰でも気軽に見学ができます。
こちらはマナーを守って、楽しく過ごしていただくためのマメ知識のコーナーです。

猫が好きな方にとっては、ショーキャットの美しさや、珍しい猫種は見ているだけでも楽しいものだと思います。更に、ある程度の予備知識を得てからキャットショーを見てみれば、違う角度からの楽しさが発見できるかもしれません。
ショー会場で販売されているカタログと照らし合わせながらショーを見ていくだけでも、猫の種類、性別 、年齢や審査部門などの情報が得られるでしょう。

例えば、 アメリカンショートヘアという猫種にはシルバータビーだけでなく、ホワイト、ブラックのようにタビー(縞)がない毛色もありますし、ブラウンタビーやブルータビーといった毛色もあることは御存じでしょうか。アビシニアンにもいくつかのコートカラーがありますし、ペルシャに至っては驚く程のカラークラスが存在します。
そして街中のペットショップでは滅多に見られない猫種、コーニッシュレックスやターキッシュアンゴラ、バーミーズ、シンガプーラなどもエントリーされています。

ショーキャットはその種の最も美しい姿を目指して繁殖された猫たちです。それまで認識なさっていた姿とはかけ離れた猫を見るかもしれません。チンチラやペルシャ、ヒマラヤンのとても短い鼻やロシアンブルーの直線的で楔形の頭、オシキャットやエジプシャンマウの鮮やかなスポットは、野生の豹を思わせるでしょう。シャム猫はキャットショーではサイアミーズと呼ばれ、細く長いボディーや手足が特徴です。

ナンバーのあがっている審査ケージには、審査の進行に従い、各色のリボンが与えられます。
キャットショーの進行とリボンの意味」のコーナーで、それらが意味するものを簡単に解説していますので、ぜひ御参照ください。



また、ショー会場では、いくつかの守って頂かなければならないマナーがありますのでご留意ください。

















審査員への質問は禁止されています。

控えケージは猫ちゃんの休憩場所です。
カバーが掛けられていますので、無断で覗き込んではいけません。
許可を得た場合も、指を入れたり、こちらを向かせようとケージを叩いたりしてはいけません。

猫に触ることは禁止されています。決して手を出さないでください。
所有者は猫の健康、病気の伝染などにたえず気を使っています。
またショーの為に施した手入れが台なしになる場合もあります。

お子様連れ時には充分な注意をお願いします。
動物好きな子供ほどはしゃいでしまう傾向がありますが、審査台に近づく、ケージを覗く、走り回わる等の行為は、猫を驚かせてしまうことになり出陳者にとっては大変な迷惑です。
特に子供の泣き声やぐずり声は厳禁です。すぐロビーに出るようにして下さい。

猫の写真撮影をしたい時は、必ずオーナーの許可を得て下さい。
但し、オーナーによっては猫への影響を考慮して撮影をお断りする場合もあるでしょうし、審査直前・審査中などは非常に緊張しています。いずれにしてもタイミングと礼儀が大切です。
CFAジャパン
ソマリ、エキゾチックショートヘアー HOME / 著作権に関する記述 / お問い合わせ
ソマリ、エキゾチックショートヘアー